ババン時評 「地政学」から「地政戦略」へ

 

いま地政学が流行っているらしい。書店に行くと類書が積まれている。地政学は地理と政治の関わり合いを考察する学問だが、類書を開くと、「地政学」というより「地政戦略」と言った方が、軍事力中心のパワーでせめぎ合う現実の国際情勢・国際外交の実態に近いように思われる。

わが国は今、重大な歴史的局面に立たされている。目の前には、珍妙・無体な理屈で反日姿勢を強める韓国、祭りの花火のように核ミサイルを発射する無謀な北朝鮮、軍事パワーを誇示して近隣諸国や世界を恫喝する中国がある。特に中国は領土という「ランドパワー」の拡張・強化を目指し、中国と韓国は日本海や近海における「シーパワー」の拡大を狙って無法ぶりを発揮する。

さらにこの国々は一様に一方的で攻撃的である。それに比べてわが日本の姿勢は慎重で防御的だと思うのだが、彼らにいわせれば全く逆で、日本は戦前の軍事大国、侵略国家、帝国主義の復活を目指していると主張する。このような「地政条件」の下で、「地政戦略」を持たずに平和憲法を守れなどと浮世離れした寝言を言っているようでは、いずれ日本は痛い目に合うだろう。

話は飛ぶが、いま売れている辻政信「潜行三千里」を読んだ。この改定新版に初めて収録された遺稿がある。敗戦直後の潜伏中に書かれ、人に託して密かに日本の留守宅に届けられたノートである。その中で、敗戦に至るわが国の歴史を回顧し、敗戦への経緯と原因を挙げている。

詳細に論述している内容を乱暴にまとめると、①明治維新の「万機公論に決すべし」と願ったはずの政治がそうはならなかったこと、②上級軍人の驕慢と低俗な官吏の独善、③中国・親日政権(汪兆銘政権や蒋介石政権)との外交を誤ったこと、④科学の遅れと工業力の弱さ、⑤農業保護・農村政策の誤り、⑥陸海軍の対立と作戦の不統一、⑦総理から平民に至るまで信じ込んだ神国日本の天祐思想。⑧軍上層部が商人の国・米国は長い戦争はできないとみたこと、を挙げる。

上記の①に「万機公論-」と書いたが、本当は、本書の文章は「第一に挙ぐべきは国体の精華を発揮しえなかったこと」とある。この第1の理由、国体の精華を発揮できなかったのは、上記①から⑧までの全項目が原因だろう。狭隘な国土から中国進出、満州建国に進んだ日本。ひたすら「ランドパワー」の拡大を目指した日本。その轍を踏まず、難敵に処して新たな「ランドパワー」と「シーパワー」を発揮する新しい「地政戦略」が必要な時だろう。(2019・⒒・24 山崎義雄)