ババン時評 「裸の王様」憲法9条

 

安倍三選内閣は、本気で憲法改正に取り組むのか。憲法9条は、一般国民にとって難解な代物だ。それは、一般人の、新聞を読めるていどの“国語力レベル”で理解できないほどに憲法の条文解釈を難しくする人たちがいるからだ。

アンデルセンの童話「裸の王様」は、ペテン師に騙されて、「バカには見えない布地」で織った新しい衣装を身に着けた王様が、お披露目のパレードに出た。お付きの大臣らはすでに「バカには見えない」立派な衣装を“賞賛”しており、見物の民衆も、下着だけの王様に戸惑うものの、やはり「見えない」と言えず讃嘆の声を上げる。そんな中で、一人の少年が「王様は裸だ」と叫ぶという話だ。

憲法第9条を素直にみると、第1項の「正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求する」ことは崇高な理想だと解る。だが、残念ながら現実世界においては、「正義」と「秩序」が大いに乱れて「国際平和」があやしくなり、それをわが国が「誠実に希求」することがむなしくなる状況だ。

次の、「国権の発動たる戦争」は、国の権利を発動・主張しない戦争などないだろうと簡単に読めば、問題はその後の「武力による威嚇」だ。これは現在、北朝鮮のぼんぼんやトランプ米大統領がやっているやり口で、そこから攻撃に踏み切れば「武力の行使」となる。そういうやり方を、わが国は、「国際紛争を解決する手段としては永久に放棄する」という。つまり意味するところは“戦争の全面否定”である。

それを受けて第2項は、「前項の目的」すなわち戦争放棄を達成するために,「陸海空軍その他の戦力を保持しない」うえに、「国の交戦権を認めない」、つまり戦を交える権利を認めないと言う。これが素直な目で見た「裸の9条」である。要するに、「裸の王様 憲法9条」は、本来、弱気な平和主義者だったのだ。

こうしてわが国は、世界に例を見ない長寿の憲法、「弱気の王様 憲法9条」に、「バカには見えない衣装」を着せるように、強気にさせる“論理の着せ替え”を重ねてきたのである。北朝鮮の狂気、覇権国家 中国の脅威などが増している中で、“現憲法死守”を唱える憲法学者や政治家もいるが、今こそ国民の「国語力レベル」で真面目に9条の改正を考えるべき時ではないか。

同テーマの小論が山崎義雄のHP「ババンG」にあります。のぞいて見て下さい。   (2018・9)

ババン時評 安倍三選と政治不信

そして何がどう変わるのか。おそらく安倍三選内閣で大きく変わることは何もない。今回の自民党総裁選で“露呈”したのは、安倍政権と国民意識の大きな“ズレ”である。石破氏はその中間に位置して、国民寄りの地方票を大幅に獲得して善戦した。

安倍首相は、国民の多くに、「ほかよりよさそう」だから支持されたのであり、石破氏は、「人柄や言動が信頼できそう」だから支持されたのである。言ってみれば、安倍氏は「政治的比較」により選択されたのであり、石破氏は「人間的価値」により選択されたのである。現在の深刻な政治不信を回復するためには、どちらの「選択基準」がより重要であろうか。

詳しくは、山崎義雄のHP「ばばんG」を覗いて見て下さい。(2018・9・21)

ババン時評 政治への信頼回復

安倍三選内閣で大きく変わることは何もない。今回の自民党総裁選で国民が最も期待したのは、政治への信頼回復への論議であり、安倍首相の真摯な反省と政治姿勢の表明だったはずだが、極端に言えば安倍首相はこれについて何も語らなかった。

ババン時評 資本主義の正体

 

リーマンショック」から10年。儲かるからと低所得者を騙してカネを貸し、家を建てさせたが、住宅バブルが崩壊。貧困層が家を失い、金融が混乱し世界経済が震撼した。カネを貸し、長期にわたって生き血を吸うように元利を吸うのが資本主義の正体だ。

資本主義については、折に触れて持論を展開しております。「中高年クラブ ババンG」をご覧ください。

ババン時評 「遠慮する人 しない人」

 

総裁選に当たって、石破氏が「正直、公正」という政治理念の“高言”を遠慮したのに、安倍首相は、公示後初の演説会で「謙虚、丁寧」な政局運営を“高言”した。攻守ところを代えた発言に違和感がある。「正直、公正」「謙虚、丁寧」は、いずれも政治家の人柄、政策立案、政局運営に欠かすことのできない資質であろう。

朝日新聞などの調査にみる世論では、安倍首相の3選を望む理由のトップは、「他よりよさそうだから」であり、石破氏を選ぶ理由のトップは、「人柄や言動が信頼できる」から、となっている。ただし、両者の選択の仕方には相違がある。「他よりよさそう」は、「比較」による選択であり、「人柄や言動-」は、「評価」による選択である。

「正直、公正」と「謙虚、丁寧」、その看板がどちらの候補によりふさわしいか、自明のことのように見えるのだが、それが必ずしも?(ほとんど?)選挙結果に結びつかない。国民の不幸がここにある。

似たような話は、折にふれてHP「中高年クラブ ババンG」に書いています。乞ご高覧。

 

ババン時評 安倍首相とトランプの蜜月

経済学者で思想家のジャック・アタリさんの予測はその名に恥じずよくアタルと言われる。そのアタリさんが、朝日新聞825日)のインタビューで、2030年には、世界のGDPは現在の2倍に。総人口は15パーセント増えて85億人に。国境を越えた不正行為が増え、麻薬や売春など犯罪経済がGDPの15%を超えると予測する。

そして、日本と欧州は共通の危機にさらされる。ロシアやインドなど近未来の大国は、友好国にすら容赦しなくなる。日欧は資本や技術を持ちながらも、企業買収や技術移転などで「生き血を吸われる」恐れがある。それを防ぐには、以前よりも多様化した同盟関係を結ぶ必要があると言う。安倍首相が、トランプ大統領とあまりベッタリ付き合うのは考えものではないか。

 

ババン時評 幼児救出作戦

「幼児救出作戦に足りない視点」先の2歳児救出劇は感動的だった。教訓は、「大人目線」ではなく、「子供目線」の捜索だ。救出に成功した尾畠さんは、経験から「幼児は坂を上る」と見た。ここが重要。

専門家や大人は、このような事件の推理や分析を「大人目線」で論じるから、見当はずれの捜索が展開されることになる。大事なのは、「子ども目線」、言い換えれば子供の心理と行動、その子の個性と行動の分析に基づく捜索計画であろう。

ここからは私の現役時代の先輩Y氏の説を借りる。幼児の一般的な特質は、①思いがけない距離を移動すること。元気にまかせて歩き、興味にまかせて止まったり、歩いたりして相当な距離を移動する。今度の2歳児にとっても、550メートルはさほど遠い距離ではない。②幼児は行方不明時の説明ができない。その間、どうしていたのと聞いてもムダ。時間的な連続性も、行動的な論理性もない。記憶はあるが断片的である。③大人と子供は興味の対象が違う。大人が聞きたい失踪時の内容と、幼児が見て、感じていた興味の対象や景色が違う。④幼児は自然児である。動物としてのDNAを持っている。行動し、疲れたら休む。眠くなったら眠る。お腹がすいたと思っても食べるものはない。しかし大人ほど切実ではない。時間の観念もなく、死の恐れもない。誰かが来てくれることを無意識に信じている。だから捜索の尾畠さんが呼ぶと「ぼく、ここ」と答える。

結論的に言えば、幼児行方不明の原因は「大人の不注意、油断」であるが、捜索の原点は「子供目線」で寄り添う「幼児行動の理解」であろう。(2018・9・10)