ババン時評 面白おかしく生きる老後を

 

先に「敬老の日のうそ寒さ」という一文を書いたが、また続きのような話を書く。今年も敬老の日が巡ってきたが、敬老の日はすでに形骸化している。敬老の精神などどこかへ消えてしまった。例えば渋谷区の高齢者は、敬老の日にお祝い金1万円をいただけるらしいが、敬老の日にそれらしい対応やプレゼントを受けた高齢者がどれだけいただろうか。しかし、プレゼントをもらわなくても、体にガタがきてもボケても、高齢化社会の高齢者はしぶとく生きていくしかない。

そこで数年前、禅寺の施餓鬼会の講話で聴いた老和尚の話を思い出した。老師の妻はボケた後も廊下やトイレの電気を消すことだけは忘れなかった。そのせいで、夜中のトイレに一人で起きて暗い廊下でよく転んだ。和尚は、老妻の手の届かない高さまでスイッチの位置を付け直した。そうしたら老妻は、ずっと電気をつけるならもったいないから電灯を小さいのにしてくれと言ったという。

そして和尚は、老妻に説教されて、ボケているのかいないのかわからなくなった。人間はボケても利口そうなことを言うと笑った。そして、本当の人間の脳はバカだと言う。かく言う自分も、座禅を組んでいても雑念を払うことは難しい。色欲、食欲、物欲から逃れきれない。これも人間の脳がバカなせいだ。人間はどうしようもない。やっとそれが分かってきた、と言うのである。

そこで和尚は、以前は老妻を厳しく叱ってきたが、人生の終盤にきて、今はボケた老妻のやることをすべて許して寄り添えるようになった。と言うのである。そう言いながら和尚は、「こういう偉そうなことを平気で言うのを自画自賛と言い、こんなことを平気で言うやつを夜郎自大と言うのです」と笑った。高僧らしくない(らしい?)ハスに構えた皮肉がおもしろい。

よく引き合いに出す「老人の歴史」(木下康仁訳、東洋書林)によると、高齢期の「80歳は世の愚か者となる」、「90歳は子供にからかわれる」、「100歳は神の恵みを受ける」と言っている。ヨーロッパの古い教えだというが、ほどよくボケて、子ども帰りして、精神の安穏を得るのが幸せだと言うことかも知れない。これも高僧の言に通じる面白さがある。

ともあれ、敬老の日があろうがなかろうが、大方のご老体の生き方にはあまり関係ない。まあ、死ぬまでは世の移り変わりを横目で見ながら、なるべく面白おかしく、しぶとく生きて行きたいものだ。(2019・9・23 山崎義雄)

ババン時評 「敬老の日」のうそ寒さ

 

今どきは、長寿者が厄介者にされかねない世の中になり、敬老の精神など過去の遺物になりはてた感がある。毎年9月の第3月曜日は「敬老の日」で、今年は9月16日(月)だった。敬老の日祝日法として制定されたのは、なんと巷に戦後の傷跡も生々しい昭和23年(1948年)という。「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う」ことが目的とされるが、逆にその時代だったからこそ「敬老の精神」が生きていたのかもしれない。

これは実話で、数日前の混んだ電車から降りようとした高齢の女性、私と同じ美術団体に所属する絵描き仲間の女性が、「すみません。降ります」と言いながら降り掛けたところ、ドア近くにいた中年の女性が何かを言い、一緒に降りたホームで“のど輪責め”で首を絞められ「ババア死ね」と怒鳴られ、からくも割って入った男性に救われたという。嘘のような本当の話である。

これも最近の話だが、こちらは元気でぶしつけな(よくいる)おばあちゃんの話である。友人の奥さんが病院の待合室に入ったところ、高齢のおばあちゃんにつかまった。何科ですか、私はこうこうなのと、体の具合などを話しかけてきた。こちらの迷惑などおかまいなしに話が続き、何年か前に夫が亡くなり本当に寂しいと言いながら、「夫は刺身のおいしいところから食べ、残りを私に食べさせる」人で、「お前においしい料理を食べさせてもらったことはない、なんて言うんですよー」などと続き、さらに2人の娘が、「この家をどうするの、本当はどのくら貯えがあるのと、来るたびに聞くんですよ」、などとグチを聞かされてまいったという。これに似た厄介なご老体はゴマンといる。

ともあれ、今年の敬老の日に、子や孫や知人などから敬老の日のプレゼントをもらった人は、いったいどれほどいるのだろうか。しかしそれはどうでもいい。敬老の日が形骸化しようと知ったことではない。ただし高齢者が世間の厄介者扱いをされることだけは承服できかねる。

科学万能のAI時代についていけない高齢者も、それぞれの人生を生きて身に着けた人生観や価値観をもっている。例えはおかしいが、リンゴのシンコ(芯)は役に立たないかもしれないが、シンコがなければリンゴに成らない。己らしい精神やプライドという頑迷なシンコをもったリンゴのような生き方があってもいいのではないか。(2019・9・21 山崎義雄)

ババン時評 山本五十六は名将か

映画「アルキメデスの大戦」を見た。冒頭の、戦艦大和の凄まじい轟沈場面が圧巻だ。主人公は架空の数学青年 梶直(配役 菅田正輝)だが、現実の主人公は梶を見出して起用する山本五十六舘ひろし)だ。山本は、徹底した対米戦争回避論者だった。

話は映画から離れるが、その山本が、米海軍は日本と真珠湾の距離、補給、制空権、深水その他の見地から、日本による真珠湾攻撃は不可能だと計算するに違いないと読んで真珠湾攻撃を画策した。山本と同様に対米戦に反対した将軍に井上成美がいるが、井上は、開戦後の米国の戦力増強力を重視して、米国には勝てないと説いた。

両者の違いは人柄、性格の際立った対象からくると永井陽之助「歴史と戦略」は言う。井上は数学と語学に強い合理主義者だが、山本は非合理主義者でハッタリ好きの勝負師で、相手が合理的に判断することを見込んで非合理的手段を採る合理的なギャンブラーだと見る。山本は真珠湾で「桶狭間とひよどり越えと川中島を併せ行う」と言った。

映画は、昭和8年当時の建艦会議で、大型戦艦を主張する島田繁太郎中将(橋爪功)側と、空母と航空機を主張する山本五十六少将らの攻防が主軸だ。軍人嫌だった梶が対米戦の可能性を示唆されて翻意し、海軍主計少佐として任官する。天才的な数学能による数式展開で、建艦派の提示する不当に安い偽装予算案を粉砕し、高波に弱い戦艦部分を指摘していったんは廃案に追い込むが、戦艦派の巻き返しで戦艦建造が決定する。

映画のラストは、梶に論破されて設計案を白紙撤回させられた平山忠道技術中将(田中泯)が梶を呼び出し、力を貸してくれと頼む。見事な戦艦模型を前に、この戦艦(大和)は最初から撃沈される運命にある。大和の最後は、負け方を知らない日本軍と国民に戦いの終わりを告げるものだと説く。模型に見入る梶の目が光る。

そして、大和は轟沈して敗戦を迎える。「攻撃は最大の防御なり」とも言われるが、イギリスの軍事評論家で戦史家のリデルハート卿は、「敗者はつねに最初に攻撃した側にある」と説いたと同著「歴史と戦略」にある。この教えからすれば、山本の真珠湾攻撃は過ちとなり、現代日本専守防衛選択は正しいことになる。(2019・9・11 山崎義雄)

ババン時評 韓国は「道徳的優位」の国か?

韓国の話はウンザリだ、と思いながらまた書いてしまう。文在寅韓国大統領は、側近の 曺国(チョ・グク)氏の法務大臣任命を強行した。 多くの疑惑に包まれて“玉ねぎ男”と揶揄される曺氏の登用は、文大統領の対日姿勢の横暴ぶりと通じるもので、日本も無関心ではいられない。

よく知られた中国古来の教えに、「李下に冠を整(ただ)さず」「瓜田に履(くつ)を納(い)れず」がある。前者はスモモ盗人に疑われるからスモモ畑では冠を直さない。後者は、ウリ盗人に間違われるからウリの畑には踏み込まないという意味だ。

この教えを乱暴に?つづめた言葉に「瓜田李下」がある。「大辞林」によると、瓜田李下について「北斉書袁聿修伝より」として、『瓜田に履を納いれず、李下に冠を整たださず」の「瓜田」と「李下」を合わせた語で、人に疑われやすいことをするなという意』とある。

歴史上“中国学校”の優等生で自ら“小中華”を名乗った韓国が、そして文大統領や曺氏が「瓜田李下」を知らないはずがない。ちなみに、「瓜田」は、新たな任地に赴く官吏に、父だったか叔父さんだったかが、戒めとして与えた言葉だったという古事をものの本で読んだ記憶がある。法務大臣を目指すところまできた曺氏に、これまで「瓜田李下」の精神を教える人はいなかったのか。どうやら曺夫妻も学ばなければ娘にも教えなかったらしい。

文大統領は8月初めの大統領府の会議で、「韓国は道徳的優位を土台に未来を切り開く」と語ったという。文大統領は、経済を誇る日本に対して「道徳的優位」で対抗するということらしい。だが、例えば、宮崎正弘 室谷克実「中国・韓国の悪夢」では、「モラルなき韓国人への世界的反感」を語っている。

そこで室谷氏(時事通信社政治部出身の評論家)は「反韓国人感情は世界的な規模になっています。アジアや南米に行くと意張り散らすし、欧米に行くと大クレイマーになるからです。それなのに当の韓国人たちは世界で愛されていると思っているから幸せですね。何で気が付かないのだろう」と言っている。

ともあれ文大統領と韓国は、このままでは済みそうもない曺氏の法務大臣任命についてことの次第を明らかにし、理非を糺して韓国のモラルを示し、世界や日本に対する韓国の「道徳的優位」を証明すべきではないか。(2019・9・9 山崎義雄)

ババン時評 2000万円貯めなくてもいい?

先の参院選の争点にもなった、老後の生活費に2000万円貯めなければならないとする議論はすっかり影をひそめたようだ。もう誰も「2千万円説」を唱えたり、それに怯えて危機感を持つ者はあまりいない。これほどの“一過性の大問題”はめったにあるものではない。

私の付き合っている平均的な年金生活者は、みんな2千万説を最初から笑っていて、年金でつつましくやって行けるし、ささやかな貯えは使い切って死ねばいいと言っている。参院選の前に、どうしてこれから老後を迎える中高年や若者を2千万円説で脅す必要があったのか分からない。

参院選では野党各党が程度の差こそあれ年金問題で安倍政権を批判した。しかし野党は年金制度の破たん危機を訴えるだけで対案を持たず、与党を追い込むには至らなかった。安倍首相が選挙用に「年金増額も可能だ」と言ったのは失言で、与党も年金制度には、「経済成長で財政基盤を強化して」年金制度を維持していく方向で、いよいよこれから取り組むことになる。

先ごろ5年ごとの見直しで年金財政の見通しが発表された。年金の問題は財源と給付額に尽きる。財源の方でいえば、小さくて大きな問題の1つに、いま若者を中心とする制度不信による保険料未納の問題がある。どうせ将来大した年金はもらえない、などと考える確信犯的な保険料未納者は、本気で将来の生活設計を考えているのだろうか。かりにも最後は国の生活扶助に頼ればいい、などという不埒な将来設計だけは想定してもらいたくない。

給付額の方で言えば、真面目に税を納めてきた年金生活者の年金が、生活保護の受給額を下回るような状態は理不尽だ。そこで提案だが、何十年か先に、所得配分率が50%を切る事態を迎えるなど、いよいよ年金が危ないとなったら、年金維持のための消費増税でも“年金税”でもやればいい。

年金未納者は言うに及ばず、生活保護者の支給額も見直して均等に税を取り立て、低年金受給者や本当の弱者に配分する。それこそ本来の税の役割にかなうものではないか。政府はいまからそう公約して、将来、どのような財政状態になろうとも、配分率が50%を切ることはないと公約すればいい。若者や中高年の安心感につながり、保険金未納者の減少にもつながり、それでこそ100年安心の年金制度にもなるのではないか。(2019・9・5 山崎義雄)

ババン時評 近ごろ話がかみ合わない

テレビ番組で元衆院議員の東国原英夫氏(61)が発言中に東海大教授の金慶珠 (キム・キョンジュ)氏(52)が「あの…」と割って入ろうとしたところ、東国原氏が「黙ってろ、お前は!黙っとけ!この野郎、しゃべりすぎだよ、お前!」と金氏に声を荒らげた。どうやら本気で怒っていたようで、いまネットでも話題になっている。

東国原氏の暴言は実に不謹慎で痛快?だ―と思うのは私だけだろうか。金女史の話の長さは格別だ。私は“その手”のテレビ番組をよく見るが、金女史の発言になるとテレビを「消音」にして次の発言者まで待つことがよくある。金女史はとりとめもなく喋っているが(もちろん「消音」中は聞こえない、聞かずに済むが)その間が実に長いのである。

このやりとりについて、東国原氏は自身のツイッターで「僕は金慶珠氏の発言内容に怒ったのでは無く、公平な発言時間(発言機会)を守らないので怒ったのです」と説明したという。最近、テレビで同類の論者が多くなり、私が「消音」にする隣国系の論者があと2人ほどいる。

この手の発言は、田原総一郎氏のように話をブッタ切って止めさせればいいのだが、ベテラン司会者でも良識や遠慮があって難しいらしい。さらに問題は、発言時間が長いことや発言機会が多いことより、むしろ発言内容の方が問題だ。この手のご仁は、他の発言者が外交や歴史上の「事実」を指摘しても、そのことには触れずに民族感情的な発言を一方的に繰り返す。したがって話がかみ合わない。かみ合わないから結論も出ない。結論も出ないから言いっぱなしに終わる。

近ごろは、真面目なテーマの番組でも、人の話をブッタ切って発言したり、自説に固執してまくしたてるご仁が増えている。テレビを見ていてもそんな場面にあきれてチャンネルを変えることが少なくない。金慶珠氏など隣国系の方々に限らず、国内の政治家や学者、評論家など有識者?にもその傾向が蔓延している。偏見と言われるかもしれないが、そんなご仁は男性より女性の方が目立つようだ。

近ごろの、話がかみ合わない典型的な例が日韓だ。韓国文大統領は、日本が反省してホワイト国外しを撤回するならば話し合いに応じる用意がある。(返球すべき)ボールは日本にあると言う。日本にいわせれば、徴用工問題をどうするのか。ボールは韓国にある、となる。ボールが2つになるところが話のかみ合わない典型的な例である。(2019・9・2 山崎義雄)

ババン時評 謝ってばかりもいられない

 

戦後74年目となる今年の戦没者慰霊祭で、令和の新天皇が、先の大戦への「深い反省」に言及した。これは、先帝のお言葉の内容をほぼ踏襲されたものだという。ちなみに昭和天皇が初めて「戦争謝罪」したのは昭和49年、韓国の全斗煥大統領が来日した際の宮中晩餐会での「両国の間に不幸な過去が存したことは誠に遺憾であり、再び繰り返されてはならない」との勅語

たまたま先ごろ公表された新資料で、昭和天皇が、東京裁判の折りに、痛切な反省と悔恨の念を表明しようとしたが、時の吉田茂首相に反対されて断念した経緯が明らかにされた。しかしこのことは既に知られていた。たとえば原彬久著「吉田茂岩波新書)にも詳しい。天皇の草稿は、『「朕、即位以来20有余年―」で始まり、戦争により国民に塗炭の苦しみを与えたことに「憂心灼(や)クガ如シ。朕ノ不徳ナル、深ク天ニ愧(は)ズ」』と自らを激しく責める内容だった。

同書によると、東京裁判当時、マッカーサーは、東条以下天皇の手足(しゅそく)が有罪となったことで、天皇が「退位」することを恐れた。退位どころか自殺さえ心配したという。吉田は、判決前2週間足らずの間に、3回マッカーサーと会談し、その要望を受けて天皇への説得工作を続け、やっと説得に成功して東京判決の前日夕刻、口頭でマッカーサーに報告したという。天皇の「退位」を阻止したのはそれぞれの立場で天皇を崇敬するマッカーサーと吉田首相だった。

ついでに言えば、最初に謝罪した首相は田中角栄で、1972年に初訪中した折の挨拶だが、歴代首相の謝罪の中で特に有名なのは、1995年の自社さ連合時代の村山富市首相による“村山談話”だ。それは、わが国の「侵略行為や植民地支配」でアジアの国々の多くの人々に「耐え難い苦しみと悲しみ」をもたらし、さらには「従軍慰安婦問題は、女性の名誉と尊厳を深く傷つけた」ことまで、「深い反省とお詫びの気持ち」を述べた長文の謝罪である。

細谷雄一著「歴史認識とは何か」(新潮選書)では、村山談話の基となる衆議院決議の採択は、賛成230名に対して、欠席者が与党の70名を含めて与野党合わせて241名ほどだったという。さらにイギリスの歴史家E・H・カーの、歴史とは「現在と過去との間の尽きることを知らぬ対話」だという言葉も引いて、村山談話は「共通の歴史認識を作りだすことの難しさを端的に示している」と言う。教訓は、歴史上の事柄では簡単に謝ってはならないということか。(2019・8・22 山崎義雄)