ババン時評 玉虫色の韓国勝訴に疑義

 

こんなアホらしい判定があろうか。世界貿易機関WTO)が、日本の海産物に輸入制限をかける韓国に対して、第二審で逆転勝訴の判定を出した。理由は、どうやら日本の言い分が間違っていたというより、第一審で韓国の言い分を十分に聞かなかったから、ということらしい。

すなわち、先の第一審は、「(日本は)現実の数値のみならず、土壌など周辺環境も含め将来にわたって改善すべきだ」との韓国の主張を組み込まずに結論づけた。したがって第一審の判断は「法律の適用上欠陥があるので、(第一審の判決を)取り消す」としたのが第二審の判断だ。要するに、日本食品の安全性は否定せず将来の安全性に向かってさらに改善すべきだから第一審判決を取り消すというのだ。この理屈がいまひとつ分からない。ここから韓国による現下の輸入制限が妥当だという結論を導き出すのはムリだろう。

そこでわが国は、菅義偉官房長官が、「第二審でも、日本産食品は科学的に安全であり、韓国の安全基準を満たしているとの第一審の認定を維持している」として、「わが国が敗訴したとの指摘は当たらない」と発表した。韓国側はこうした日本の態度を、「強弁」「我田引水」「無礼な態度」などと非難した。

WTOの紛争処理手続きでは「第一審」は紛争処理小委員会(パネル)が担当、「第二審」は上級委員会が担当する。しかし、WTOの紛争処理の実態はお寒い限りだ。新聞は報じないが、ウイキペディアによると、紛争解決機関上級委員は、定員が7名で、2019年4月1日現在3名しか在籍していないという。これは米国が再任や指名を拒んできたためで、実際の審理は3名(インド、米国、中国)で行っている。そのうえ、3名のうち、法的な理由で審理への関与を控えなければならない委員が1人でも出た場合は、制度が崩壊する懸念があり、2019年12月には2名が欠員となって審議が不可能になる状況だという。

これが事実だとすれば、WTOの紛争処理機構は空恐ろしい虚構機関である。河野外相がWTOの紛争処理の改革を訴える意味もここにあろう。ともあれ今回の“事件”でも日本に負けたくない韓国に、日本人が嫌な気分にさせられる構図が繰り返された。(2019・4・17 山崎義雄)

ババン時評 大臣辞任・何が問題か

 

情けないレベルの失言や事実誤認で辞任に追い込まれた桜田五輪相を、“誤輪相”と皮肉る向きもあるようだが、私は、いくら過失を責められても懲りない“桜田懲りん相”と呼びたい。ひょっとすると、辞任後のいまでも、なんでオレがこれしきのことで大臣をやめなきゃいけないんだと思っているのではないだろか。

桜田議員のウエブサイトに、「政治理念」が掲げられている。「戦後50年が経過した現在、わが国には凡庸な価値観のみが蔓延し、個人がその人格性を十分に発揮できない窮屈な社会がはびこっています。また経済大国としての国威は世界に誇示しうるものの素晴らしき文化・伝統・国民性を有する国として未だ諸外国から尊敬されるに至っておりません(云々)」

これは20年以上も前の作文であるが、今もその理念に変わりがないとすれば、いささか理想が高すぎたのではないか。「凡庸な価値観」を嘆くのであれば自らは「非凡な価値観」を持たなければならない。「個人がその人格性を十分に発揮できない窮屈な社会」はさらに重要である。桜田議員が「人格性を十分に発揮」して辞任に至ったのは皮肉だが、それ以上に大きな問題がある。

桜田議員は、重要な政策3本柱の第1に「自主憲法の制定」を掲げている。自民党が目指す憲法改正草案では、現行憲法13条で、公共の福祉に反しない限り「個人」が尊重される、としているところを、公益および公の秩序に反しない限り「人」として尊重される、と改正する。多様な価値観を持つ「個人」ではなく、犬、猫、人の、一括りの「人」である。しかも“しばり”は「公共の福祉」ではなく、国家の「公益・秩序」である。要するに桜田議員が危惧する「個人がその人格性を十分に発揮できない窮屈な社会」を自民党改憲案は目指しているのである。桜田さんレベルの議員たちにはとりあえず、樋口洋一×小林節著『「憲法改正」の真実』購読を薦めたい。なお小林慶大教授は人も知る自民寄りの改憲論者であり片寄らない視点を持つ。

派閥の功罪についてはいまだに論議が尽きないが、功罪の「功」の方では、派内の切磋琢磨で学び、議論をし、知見を広めて人材が育っていく。今その派閥の気概が薄れてきているのではないか。大臣辞任では首相が任命責任を問われるが、不適切人材を推した派閥のボスも責任を問われるべきではないか。桜田議員一人の話ではない。大臣辞任の背景には政権の緩み、派閥の弱体化、何よりも議員諸氏の不勉強があるのではないか。(2019・4・11 山崎義雄) 

ババン時評 「脳の性差」と「単純平等論」

 

いま「妻のトリセツ」という本が売れている(黒川伊保子著、講談社+α新書)。同じ筆者の「定年夫婦のトリセツ」も書店に並ぶ。妻のトリセツも定年夫婦のトリセツも遠の昔に卒業した後期高齢者としては、こうしたテーマに当面の興味はないのだが、若いころから男と女は生物分類学的には、ヒト科オス属とヒト科メス属ぐらいの違いがあるのでは、と思っていた私としては、いまだに男と女の不可解な違いについては少なからず関心がある。

そんな折りに、たまたま朝日新聞(4・7)が「文化・文芸」欄でこの「妻のトリセツ」を取り上げた。夫が理解できない妻の行動は「脳の性差」で説明できるという本書を材料に、「脳科学本が求められるわけ」を探ろうという狙いである。それにしても、本書「トリセツ」への内容批判が手厳しい。まずは、本書の面白いところ、たとえば「女性脳は、半径3メートル以内を嘗め尽くすように“感じ”て―」とか、「突然10年前のことを蒸し返す」など「脳の性差」例をあげる。

これについて四本裕子東大准教授(脳科学・心理学)は「データの科学的根拠が極めて薄いうえ最新の研究成果を反映していない」と話す。さらに朝日は、経済協力開発機構OECD)の2007年報告書は「男女の脳ははっきり異なる」という主張などは科学的根拠が薄い「神経神話」だとしているとか、日本神経科学学会も神経神話が脳科学への信頼を失わせる危険があるとしているという。

かさねて、「なぜ疑似科学を信じるのか」の著者 信州大菊池聡教授をして、(トリセツは)「科学的知見の普及という意味では前向きに評価できる」という前置きながら、「わずかな知見を元に、身近な『あるある』を取り上げて一足飛びに結論づけるのは、拡大解釈が過ぎる。ライトな疑似科学に特有な論法だ」と語らせる。そして、「脳の研究は科学で最も“ブランド力”がある分野の一つ。新しい研究成果が出るたびに、疑似科学的な本が現れる」とする菊池教授の言葉を結びに代える。

お説ごもっともと言いたいところではあるが、「脳の性差」は証明できない(できていない)とはいえ、男女で「脳の性差」がないことも証明できていない。男と女の思考回路は明らかに違うと頑迷に思っているのは私だけではない。もし「脳の性差」があるとすれば、仕事の得手不得手も出てくるわけで、近ごろのような議員の数もあれもこれも男女同数にしろといった“単純平等論”も見直しが必要になるのではないか。(2019・4・8 山崎義雄)

ババン時評 マネー経済時代の守銭奴

 

ゴーン氏の所有する豪華ヨットの名前が「シャチョー号」とは笑わせる。彼の考え方・生き方、“ゴーン理論”の一端をうかがわせる命名だ。またフランスで、ゴーン氏が代理店経由で自分のポッポに資金を還流させた疑惑が持ち上がり、これまでゴーン氏にフォローの風となっていたフランス世論に変化の兆しが出てきたようだ。

風向きがフォローからアゲンスト(向かい風)になり、東京地検は勇躍して4度目のゴーン逮捕に踏み切った。テレビでは、フランスの街頭インタビューで、日本の警察には日本の警察の考え方があるのでしょうといった意見も聞かれた。「火のないところに煙は立たない」との発言には驚いた。この諺を直訳したようなフランス語ではなかろうが、同じ意味の表現があるとは面白い。

諺ではないが「守銭奴」という言葉がある。この言葉は、200年以上も昔のフランスの劇作家モリエールの戯曲「守銭奴」によって広まった言葉だというからゴーン氏にぴったりだ。しかし戯曲「守銭奴」の主人公アルパゴンは、庭に埋めておいた大金が盗まれて大騒ぎするのだから、守銭奴などというよりケチに近い。ゴーン氏とは比べようもない。ケタが違う。

いきなり固い話になるが、朝日新聞(4・5)によれば、ゴーン氏の辣腕弁護人といわれる 弘中諄一郎弁護士は、今回の4度目の逮捕について、「身柄拘束を利用して被告に圧力をかける人質司法」だと憤り、これに対して検察側は、今回の事件は「全然別の事件」であり、「逃亡の恐れや罪証隠滅の恐れがあった」とする。

同紙はさらに2人の識者の意見を紹介している。元裁判官の水野智幸法政大教授は、「在宅で追起訴が筋」だと語り、「保釈されて公判準備が進んでいる最中に再逮捕するのは不当だ」と言う。一方、元東京高検検事の高井康之弁護士は、「保釈は別件の判断だ」と語り、「在宅で調べて起訴するのでは、証拠隠滅が進む危険性があった」とする。今回の逮捕の当否を巡る意見は割れている。

ともあれ、もはや金融資本主義、マネー経済の現代では、守銭奴は死語だ。守銭奴などという生ぬるい言葉は、ゴーン氏のような“マネー・モンスター”の所業に送る言葉として相応しくない。事件は今後どのような展開を見せるのか。東京地検の健闘を祈りたい。(2019・4・5 山崎義雄)

ババン時評 おめでた解釈“令和”時代

 

元号「令和」の令の筆順は、最後の字画がタテ棒で示されたが「、」もある。(その文字がパソコンでうまく出ないのでややこしい説明になるが、その二文字は同じ意味で“同格”である)。菅官房長官の示した筆文字「令和」のタテ棒の終わりがわずかに左にハネており、「和」のノギ扁のタテ棒の先もわずかに左にハネていた。まったく細かなことが気になるのである。

ともあれ新元号発表と同時に喜びの声が巷にあふれたが、ケチをつけそうな人はケチをつけた。「首相がぺらぺら、慎むべきだ」と辻元清美衆院議員がぺらぺら喋ったと報じられた。鳩山由紀夫元首相はツイッターで、「政府もメディアもはしゃぎすぎ」「天皇の政治利用ではないか」と批判した。元首相が国の慶事に水を差すのはどうかと思う。

しかし安倍首相には新元号の決定を“国書”萬葉集に“誘導”したという手柄顔がありありだ。菅官房長官を“露払い”にして、持ち前の弁舌と高揚感で紙も見ないで「令和」を称揚した。“出しゃばりの解説もつく新元号”(朝日川柳)は少々きつすぎるかもしれないが、安倍首相の長広舌に違和感を覚えた国民も少なくないのかもしれない。

“日本中辞書を引いてる「令」の意味”(よみうり時事川柳)は素直な一句だが、私もその一人だ。日本語大辞典によれば、令とは、①いいつけ。おきて。のり。「訓令・指令・辞令・法令・命令」「令状」(略)。②上に付けて敬意を示す。「令嬢・令息」。③よい。「令聞・令名」。④おさ。長官。「県令」。⑤しむ。せしむ。させる。とある。有り体に言えば「令」は上から目線で固くて窮屈でしゃちこばっている。あえて言えば“国家臭”が強い。安倍首相は③の「よい」意味を強調したいようだが、それは“付け足し”ていどの意味だ。

固い話になるが、付け足していどの「よい」意味で「令和」を語る“おめでた解釈”より、辞書が示すような「令」の持つ冷徹な意味も肯定するのはどうだろうか。“国書に”こだわって制定した「令和」なら少し前向きの日本的な解釈を考えてみる。例えば大和時代律令制から、戦前までの立憲君主制を経て、戦後の立憲民主制の国となった今の日本を考え、現代における法治国家の理念を「令」と考え、民主制の理念を「和」と考えて、「令」と「和」の均衡を図らなければならない―などという理解も成り立つのではないか。(2019・4・4 山崎義雄の「中高年ババンG」に拡大版あり)

ババン時評 良い子 悪い子 普通の子

 

むかし“欽ちゃん”が言ったか、「良い子 悪い子 普通の子」という言葉が流行ったことがある。良い子を育てる道徳教育がいよいよ本格化する。すでに小学校では昨年から道徳が正式教科になっているが、今春からは中学校でも検定教科書を使うことになった。

そもそも道徳とは何であろう。簡単にいえば人が守るべき基本的な習慣・ルールと言えよう。広辞苑によると、道徳とは「人のふみ行うべき道。ある社会で、その成員の社会に対する、あるいは成員相互間の行為の善悪を判断する基準(中略)」として、ついでに? 夏目漱石、断片「道徳は習慣だ。強者の都合よきものが道徳の形にあらはれる」と説明している。「強者の都合よきもの―」とは、公正を保つべき権威ある広辞苑としては、漱石を引き合いに出して一歩踏み込んだ“偏見”とも取れるが、マア当たっていないこともない。

おもしろい話が朝日新聞(3・27)にある。日本文教出版の1年教科書は、図書全体が「家族愛・家族生活の充実」の扱いが不適切だとの意見がついたという。具体例で、教材の話「おかあさんのつくったぼうし」では、お母さんの働きについての発問で、「かぞくについておもっていること」という教科書の記述が問題になり、「だいすきなかぞくのためにがんばっていること」と修正し、検定をパスしたという。

道徳教育批判派には、戦前の「修身」をはじめとする思想統制の悪夢がある。だが、道徳は思想レベルの話ではない。江戸時代の子供の養育方針に「三つ心、六つ躾、九つ言葉、十二文(ふみ)、十五理(ことわり)」があったという。理屈をこねる15歳の前に、3歳心、6歳躾の習得が欠けているところに深刻な問題がある。イジメや犯罪を犯す悪い子は論外だが、良い子悪い子普通の子がいて健全な子供社会ではないか。

道徳教育の契機ともなったイジメの横行や世の中の乱れの根底に道徳観の喪失があることだけは確かだが、小学生どころか中学生にまで、“道徳”を教えなければならないところに病んだ社会の深刻さがある。慎重な道徳教育が必要だ。(2019・3・31 山崎義雄の「中高年ババンG」に拡大版あり)

ババン時評 安倍首相発言の“3類型”

 

安倍首相の「強気・負けん気」は育ちの良さからくるのもではないか。たまたま朝日新聞(3・26)が、コラム・論壇ではなく一般記事で安倍首相の言説を分析している。記事は、「首相、批判かわす3答弁」というタイトルで、今国会の安倍晋三首相の答弁姿勢に、3つの特徴が表れていると皮肉って?いる。その“3類型”とは、「大風呂敷」「論点ずらし」「取り繕い」だという。

それによると、「大風呂敷」の例では、統計問題の解決に意気込みを示しながらも実際には証人喚問や資料の提出が進まない。「論点ずらし」の例では、安倍政権下で実質賃金が下がっているという野党の指摘に直接反論せず、総雇用者所得は上がっていると反論。「取り繕い」の例では、沖縄・辺野古の、「あそこのサンゴは移している」と発言し、実際は区域外のごく一部のサンゴ移植だったが、野党の追及に「やっていないなら間違いだが、やっている。間違いではない」と抗弁。

たまたま先ごろ私の「ババン時評」(2/5)で、「巧言令色鮮し仁」というタイトルで安倍首相のことを書いた。さわりをかいつまんで採録すると、『安倍首相は、育ちの良さからくるプライドで態度が高慢に見える。国会答弁でも負けん気でひと言多くなる。言い過ぎてもなかなか素直に謝らない。「巧言令色鮮(すくな)し仁」という。安倍首相がそうだとはいわないが、多弁・雄弁で逆ねじを食わせるような答弁はよろしくない。安倍首相は、よく「丁寧に説明して理解を得る」とか「真摯に受け止める」とか言うが、(中略)安倍首相のイメージに似つかわしくないそんな空疎な発言に鼻白んでいる国民は少なくない。残念ながら安倍首相の発言には誠実みや真実みが欠けている』と書かせてもらった。

先の朝日記事の結びのエピソードでは、共産党の小池書記局長が「私の質問に全く答えていない」と迫ったところ、安倍首相の返答は、「小池氏の気に食わないかもしれないが、誠実に答えている」―。これでは、「私が丁寧に説明してもあんたが気に食わないならしょうがないじゃないか」と言っているようで、まさに安倍首相の面目躍如だが、笑ってばかりもいられない。

先の私の小論でも、1つの事例で、『多弁ゆえのよけいな発言だったのなら柔軟に撤回・謝罪すべきだが、安倍首相は決してそれをやらない。反省して褌を締め直さなければ、今度の参院選にご用心ということになる』と結んでおいた。(2019・3・28)