ババン時評 中国の呆れたバス事件

中国で、バスの乗客の高齢女性が、途中で降りたいからバスを止めろと喚いて運転手に絡んだことから運転を過ってバスが崖下に転落し、多数の死者を出すという悲惨な事故が起きた。続いて起きた別の事件では、中年男性がバス車内での喫煙を注意されたことで運転手をなぐるという事件が起きた。日本ではおよそ考えられない事件だ。

バスの話ではないが、「おどろきの中国」(橋爪大三郎×大澤真幸×宮台真司 著 講談社新書)にこんな話がある。この本は、安直な“嫌中本”ではなく、中身は中国の歴史を踏まえて日中関係を考える硬派の学者談義なのだが、この中でも中国で普通に見られる事例として、車の往来の激しい大通りを平気で横切る中国人の“習性”を紹介している。

そして、以前、エッセイにも使わせてもらったバスの中の話が、「中国人がいつも大声で喋るのはなんでなのか?」という本にある。この本は、日中間の親近感を高めるための、中国の学生たちによる「日本語作文コンクール受賞作品集」である(2013年、日本信報刊)。61編が収まっているが、なんとそのなかの17編が中国人自身の「大声」について書いている。どうやら「日本」を体験した中国の若者たち、気の付く若者たちは、日本人に比べて自分たち中国人が常に大声で喋っているという事実に気づくらしい。

その中の1編で取り上げているのが、中国のバスの中の話で、バスが停車せずにバス停を行き過ぎたことから、乗客のおばあさんと運転手がバスを止めて大声で延々と罵り合うという事例である。そうしてこれは中国では当たり前の光景だというのである。この話を書いたのは若い女子学生だが、こんなことも書いている。すなわち、日本人は「私」をあまり強く主張しないが、中国人は「我」を強く主張すると言い、自己主張が強く、自分の利益や立場を主張し、それを相手に認めさせようと根気よく主張するなどと、民族的な特性を語っている。

これに関しては、「明治維新から見た日本の軌跡、中韓の悲劇」(加瀬英明、石平共著、ビジネス社)という本で、加瀬氏がこんな話をしている。『中国語では、かならず「私」がそう思う。「私」がそう考える、と言います。(中略)日本では「私」と言うと、押しつけがましくなるから、自己主張をできるだけ抑えて、「私」という言葉を、なるべく省くようにする。「私」を前面に押し出すと、卑しくなるからです』と言っている。近ごろ日本人の喋り方もやたらにうるさくなっている。自戒したいものだ。(2018・11・14 山崎義雄の「ババンG」に「やたらにうるさい喋り方」あり)

ババン時評 “持たざる者”同士の相剋

ドイツではメルケル首相が移民政策でつまずき、党首の座を退いた。トランプ米大統領中間選挙で上院を制し、下院では過半数に届かなかったもののなぜか“大勝利”を宣言した。米・独など民主主義のリーダー大国で、多民族化とあいまって国民の分断・分裂が深刻になっている。わが国にもその“兆候”が見られる。

わが国でも、勤労者の低収入化が進み、社会の中間層の崩壊・メルトダウンが進み、中間層の「総下流化」が進んでいる。そして、これから顕在化するであろうと思われるのは、これまで問題視されてきた、持てる者と持たざる者の格差ではなく、国民の分断・分裂の危惧においては、より根源的で深刻な中間層における格差である。サラリーマンの中間層や低収入階層の中での、いわば“持たざる者”同士の間に生じつつある「格差」である。

問題は、こうした中間層における、わずかな「格差」が引き起こすであろう心理的な「軋轢」である。ありていに言えば、働いても報われないことへのいらだち、あきらめ、持たざる者同士の、わずかな「格差」への反応、ねたみ、そねみの心理的な葛藤である。まじめに働いても報いられないとなれば、正直に働く者ほど、自分の働きの無さ、自己嫌悪、無力感などのマイナス感情にさいなまれる。情けない話だがそれが人間だ。ひいては他人や社会や政治への不信感を増幅させることになる。

世界の流れの中では、まだ日本の世情は安定していると言えるが、いずれ日本も、平均的な国民の間に感情的な相剋が生じるのではないか。すでに昨今の日本は、中間層の自信喪失が国民全体の心を荒廃させ世情をトゲトゲしくさせているのではないか。近い将来、それに拍車をかけるのが移入労働力の増大であろう。わが国も、遅かれ早かれ、米国、ドイツ、英国のような国民分裂の苦悩を味わうことになるのではないか。(2018・11・11 山崎義雄の「ババンG」に「“持たざる者”同士の反感・離間」あり)

ババン時評 「徴用工問題」と「国家の信義」

「あの国には近代化する能力がない。朝鮮は日本に併合されるべきだ」とセオドア・ルーズベルトが言ったのは、日露戦争前の1903年である。自力でできなかったから、結局、併合して日本が近代化してあげた。大変な金を使って工業のインフラや教育のインフラを作ってやったが、いまだに恨まれている。(宮崎正弘×渡辺惣樹著「激動の日本近現代史」)

同書は、一章を割いて、アメリカが朝鮮の近代化に手を貸すことを諦めた経緯や、「日本とアメリカが作った朝鮮開国」を論じている。これについてはいろいろな論議があろうが、この度の徴用工問題における韓国の姿勢については、近代国家、民主主義国家としての信義を疑わざるをえない。

朝日新聞(10・31)の社説では「徴用工裁判」を取り上げ、「蓄積を無にせぬ対応を」と言いながらも、『政府が協定を巡る見解を維持するのは当然としても、多くの人々に暴力的な動員や過酷な労働を強いた史実を認めることに及び腰であってはならない。』という一節を盛り込んでいる。前段の「当然」は当然だが、後段の「史実」なるものには少なからず疑問があり、いかにも朝日的解釈の“付け足し”だ。

ともあれ、問題は、政権が変わったからといって近代国家同士の約束である請求権協定を反故にしかねない文在寅政権の動きだ。安倍政権が強く抗議しているのは当然だ。信義を重んじない国とはまともな外交も協調も成り立たない。(2018・11・5 山崎義雄)

ババン時評 顔と心の経年変化

 

いかんともしがたい高齢化社会である。朝日新聞(10・30)の読者欄に、「ジタバタして人生全うしたい」という87歳翁の「声」があった。「なるようにしかならない。と言いながら結構ジタバタしている」「それでいいのかも」と言う。笑ってしまったが、見事な覚悟とも思える。

生涯を通じて人間の顔と心は変化する。普通の人間関係はお互いの顔を見るところから始まる。相手に対して「良い人だ、好きな人だ」などと判断するのは脳細胞の「感情の座」であり、反対に「嫌な人だ」などと悪印象をもって判断するのは「論理の座」だとされる。だから人は多かれ少なかれ他人に自分の顔色を読まれないように腐心する。

人格は英語でパーソナリティだが、語源のペルソナには仮面の意味があるという。たしかに、人にもよるが、仕事や社会的地位に応じて仮面をつけたように振舞う。度がすぎると嫌味な人間になったり、仮面がはがれて醜態を演じることもある。

ところが、老年期は、個人差はあっても脳の老化が進む。そこでサミエル・ウルマン流に「青春とは年齢ではない。心の有り様を言うのだ」とがんばるのもいいが、いずれは、その頑張りもきかなくなる。先の87歳翁は、「ぼけてもおらず酒もうまい」「性格を除き悪い所はみつからない」と言う。同感だ。

ならば、もしこれまで仮面をつけたり肩ひじ張って生きてきたような人は、その仮面をそっとはずして、肩の力も抜いて、しわを刻んだ顔面に人生で収穫したもろもろの雰囲気を漂わせて生きるのもいいのではないか。(2018・11・2 同じテーマの拡大版エッセイが山崎義雄「ババンG」にあり)

ババン時評 人間抜きの「移入労働力」?

「労働力」は機械的なパワーではない。人間の肉体に内在するパワーだ。「労働力」の受け入れ拡大は、生身の「外国人」の受け入れ拡大だ。「移民政策」の是非を性急に問うつもりはないが、それにつながる外国人労働力の流入は、近い将来、「多民政策」で日本の国のかたちを変える方向に向かう大問題だ。

臨時国会が始まり、外国人労働力の受け入れ拡大に向けた入管法改正案が注目されている。立憲民主党枝野幸男代表は「これまで首相自身が否定してきた移民受け入れ政策への転換とどう違うのか」と質した。これに対して安倍首相は、「一定規模の外国人と家族を、期限を設けることなく受け入れて国家を維持しようという移民政策は採らない」と従来通りの答弁をした。

枝野氏は、外国人労働者のための、職場環境、日本語教育、住宅問題、社会保障などの課題をあげ、国民民主党玉木雄一郎代表は、外国人と共生できる社会づくりをあげたが、首相は移民政策への転換には当たらないと強調するだけで、受け入れ体制の具体案には一言も触れなかった。

10月30日の新聞各紙は、入管法改正を巡る論戦開始を報じる一方で、独メルケル首相の与党党首辞任表明を同時に伝えた。首相職は任期の21年まで続投するという。メルケル氏は反トランプで欧州をリードしてきたリベラルの旗手だ。

メルケル氏の国内的な人気低迷は、100万人超の難民を受け入れた「移民政策」が大きな原因だ。片や日本は、安倍首相の言うように「移民政策は採らない」と言いながら、移民受け入れに道を開きそうな「労働力」の移入拡大にカジを切った。それでも安倍首相は、受け入れるのは難民、移民ではない「労働力」だと強弁する。

なによりも、移入労働力の拡大でやってくるのは、体温を持たない無機質の「労働力」ではない。「労働力」を背負ってくるのは「人間」だ。そのことを考えて、受け入れ態勢も、移民政策との兼ね合いも、そして実質的な移民受け入れによる将来の国のかたちまで考えてもらいたい。(2018・11・2 山崎義雄)

ババン時評 日本人は絶滅危惧種?

性的少数者は(子供を作らないから)「生産性がない」と言った杉田水脈衆院議員が世間のバッシングを受けた。以前には誰かさんが、子供を作らない人は、老後を他人の子供の世話になることになると言ってバッシングを受けたこともある。“妄言・雑音”に関係なく日本の少子化は進む。

国の人口推計では、日本の人口は50年後に8800万人ほどになるという。晩婚化が進み、50歳まで一度も結婚したことのない女性が増えている。20歳代の女性の出生率が極端に減っている。いま40歳代になっていて、人の親となってもらいたい団塊ジュニア世代も頼みにならないらしい。この世代が婚期を逃せば事態はさらに悪くなる。

いきなりだが、人口減少がこのまま進めば、日本の人口は西暦2700年頃にたった1人になるというショッキングな推計がある。これは昨年出版された上念司著「財務省と大新聞が隠す本当は世界一の日本経済」にある仮説である。筆者が本気で、国立社会保障・人口問題研究所や総務省の将来人口推計データを使って独自に算出した推計だという。

それではまさに、日本人は絶滅危惧種ではないか。よもやまさかそんなことにはなるまいが、これからは、結婚しない人にも、子供をつくらない人にも、子育てに参画してもらおうという視点が大事ではないか。子どもは社会全体で育てるべきだという共通認識で制度設計をすれば、結婚や出生率の向上にも役立つだろう。大げさに言えば、総力戦で日本人の絶滅を防がなければならない時ではないか。(2018・10・30 同テーマの拡大版が山崎義雄の「ババンG」にあり)

ババン時評 続いて川金ダンパー不正

先に「またまた出ましたデータ改ざん」というテーマで、KYBの耐震・制振ダンパーの検査データ改ざん事件を書いたが、続いて同業界の川金HDのデータ不正が発覚した。担当者は納期などの関係で品質がおろそかになったと謝罪した。コストと納期のムリが品質にシワ寄せされたのだ。

ここ数年、日本企業における品質データの改ざん事件が続発している。納期に迫られて、適当に検査データをゴマカシ、適正な検査に合格した製品のように偽装して出荷するのである。こうした検査データのゴマカシは、生産管理の3本柱である、「原価」「品質」「納期」に関して、原価すなわちコストの削減要請と、厳しい納期を優先して、ゴマカシの効く品質管理にシワ寄せがくることが根本的な原因だ。

先考「またまた出ましたデータ改ざん」に、そのあたりのことを少し詳しく書いた。「ババン時評」と「ババンG」を読んでほしい。(2018・10・25 山崎義雄)