ババン時評 違いの分かる自民の安保公約

いったい公約で政党や候補者を選ぶ選挙民はどれだけいるのだろうか。衆院選を目前にして、危機感を強める自民党をはじめ各党の公約は、実に似たり寄ったりである。選挙戦は各党による給付金のばら撒き合戦の様相を強めている。しかしその財源となると、国債発行を挙げる以外には、税収増など確たる財源を挙げる政党はない。

各党は「バラマキ公約」で票を集めるつもりだろうが、これにつられて政党を選ぶほど選挙民は馬鹿ではない。面白いのは、コロナ対策や経済対策、経済成長などの空手形では党の違いを出すことが難しいが、外交・安全保障政策となると、俄然、各党の立ち位置の違いが顕著になる。とりわけ独裁色を強める中国に対する各党の姿勢の違いは鮮明である。

自民は軍拡にまい進する中国を念頭に、「防衛力を抜本的に強化」し、安倍内閣が目指し、菅内閣が棚上げしていた「相手領域内で弾道ミサイル等を阻止する能力の保有」を本格的に検討する。これは敵のミサイル発射基地を自衛目的で破壊する敵基地攻撃能力を視野に入れたものだ。政権の一翼を担う公明は、中国との友好関係を重視し、中国の軍拡にはあえて触れない。

一方の野党では、立民が「中国の挑発行為には毅然として対処する」と威勢は良いが、敵基地攻撃能力の保有となると「憲法解釈に照らして慎重な検討を行う」と腰が引けてしまう。国民は「自立的な安全保障体制」と内容の見えない公約を掲げ、日本維新の会は「領域内阻止能力の構築への検討」とやや前向きな姿勢を示す。しかし総じて公明や野党の中国をにらんだ我が国の防衛力整備には否定的だ。

唯一、前向きなのは自民党で、公約では、2013年に策定した防衛大綱と中期防衛力整備計画を見直して、新たに安全保障政策の基本方針となる「国家安全保障戦略」を策定するとしている。また、防衛費も、北太平洋条約機構(NATO)諸国の国防予算並みの、国内総生産GDP)比2%以上も視野に増額を目指すとしている。

さらに自民党は、弾道ミサイルなどへの対処能力を進化させることを目指し、相手領域内における弾道ミサイル発射などを阻止する新たな防衛能力の保有を含めて、大幅に抑止力を向上させる取組を進めることを掲げた。

普天間飛行場辺野古移設や在日米軍再編を着実に進めるとも公言している。今度の衆院選では、他の政策ではどの党に任せてもさほどの違いはないだけに、賛成するも反対するも自由だが、中国がのさばる今日この頃、各党の中で唯一、安保政策で違いの分かる公約を掲げる自民に注目する必要があるのではないか。(2021・10・25 山崎義雄)

ババン時評 大相撲 仕切りの不公平

先に「ババン時評 傍若無人の白鳳が親方に」を書いたが、今回は白鳳相撲の糾弾ではなく、畏友 後藤忠紀(北海道在住)が広く世間に訴えている「大相撲 仕切りの不公平」の紹介である。彼は3場所続けて各力士の立ち合いを分析した結果、公平・公正な「仕切り改革案」を提唱するに至った。

まず大相撲には他の競技のような明確なスタートの合図がない。行司「手を着いて!」その後の立つタイミングは? ナント両力士に委ねる。それによって仕切り方が分かれる。A=即座に両手を着いて静止する、正統派。B=片手を着いて静止し、相手が手を降ろした瞬間、片手も着けて立つ、多数派。C=A、Bが先に手を着いて待っているところに、素早く手を降ろして勢いよく立つ、大多数。そこで競技は本来、公平公正であるべきだが、相撲には不公平が生じることになる。

第1が不安とプレッシャー。A・BはCがいつ手を下ろすか分からない不安、さらに合わせなければいけないというプレッシャーがある。第2に立ち遅れ。A・BはCの動き始めを確認した後に立つので必然的に10~100分の数秒遅れる。第3に勢いの差。Cは一瞬だけ手を下ろし(VTRを見ると着いていないことも多い)、勢いをつけて立つことができる。一気に押し出す電車道はCが多い。ABCを使い分ける力士も多い。

そこで、不公平を解消する「仕切り改革案」を考えた。行司「手を着いて!」 両力士は即座に両手を着き、3秒以上静止する。行司はそれを確認後、立つ、の合図の「良し!」を発する。これによって立ち合いにおける不公平は全て解消する。

先の名古屋場所の幕内力士の仕切り方をA両手、B片手、C後出しに分類すると、一山本は15日間両手を着いた。大栄翔、志摩ノ海14日。宝富士、翔猿12日。相撲の精神を心得ている彼らはこれからも両手を着くことだろう。一番不利な仕切り方にもかかわらず―。

ちなみに白鳳、照ノ富士の両手下ろしは1日だけ。さらに、彼の「令和3年大相撲名古屋場所仕切り分析表」によると、白鳳は両手1回、片手1回、後出し13回。照ノ富士は両手1回、片手0回、後出し13回、同時1回で、そのうちの両手下ろしの1回は白鳳戦だ。先輩に敬意を表したのか、してやられたのか。また徹底的な後出しは豊昇龍の15回。いずれもモンゴル勢だ。

白鳳は引退して年寄り「間垣」を襲名したが、相撲協会の方針や角界の仕来たりに従う内容の誓約書を書かされた。この機に相撲界は、不公平な仕切りの改善や肘打ちのような危険な技の禁止など相撲ルールの改革に取り組むべきではないか。(2021/10/19 山崎義雄)

ババン時評 真っ当な「バラマキ批判」

衆院選を目前にしたこの時期に、票目当ての財政大盤振る舞いをうたう与野党の動きに冷や水を浴びせるような「バラマキ批判」が出た。こともあろうに政府の足元、財務省のトップである矢野康治財務次官が、月刊誌「文芸春秋」11月号(10月発売)で「このままでは国家財政は破綻する」と訴えた。

矢野氏は、「数十兆円もの大規模な経済対策が謳われ、一方では、財政収支黒字化の凍結が訴えられ、さらには消費税率の引き下げまでが提案されている。まるで国庫には、無尽蔵にお金があるかのような話ばかりだ」と言い、「今の日本の状況を喩えれば、タイタニック号が氷山に向かって突進しているようなものだ」として、国家公務員である私は、「心あるモノ言う犬」として指摘したいと言う。

時あたかも国会では、野党の代表質問で、まずは立憲民主党の枝野代表が、首相の「成長と配分の好循環」論に反論した。すなわち経済成長の果実を分配するだけでは、いつになっても好循環は進まないといって、「出発点は適正な配分にある」と訴えた。さらに、次の総選挙で仮に立民が政権を取ったとしたら、年収1000万円程度以下の人の所得税を1年間免除し、消費税を時限的に5%に引き下げるとぶち上げた。

これに岸田首相は「成長なくして分配できるとは思わない。まず、成長を目指すことが重要だ」と返したのは真っ当だ。枝野論のバラマキでは、たとえ一時期消費を喚起できたとしても、本格的な経済成長につながることはない。そして財政悪化を招くことは確実だ。

時を同じくして、読売新聞(10・12)に小峰隆夫大正大学教授が「経済対策 規模優先でなく」とする論考を発表した。小峰氏は、与野党は分配政策に力を入れているが、コロナ対策での財政支出の先行はやむを得ないが子育て支援など中長期的な課題については、当初から財源の裏付けが欠かせないとして、きちんと分けて考えよと言う。

また小峰氏は、平成時代のバブルでは気づくのが遅れ、対応も後手に回って傷が深くなったとする。そして経済には時として大きな課題が現れるが、社会全体がそれを認識するには長い時間がかかると言い、現在のそれは、巨額の財政赤字だと言う。この財政赤字潜在的には極度の混乱、国民の負担を招くリスクがある。選挙ではこうした課題を議論してもらいたいと提言する。

小峰氏のバブルの教訓は、矢野氏の「タイタニック論」と符合する。矢野氏の論稿には与党内にも「なんで選挙前のこの時期に」とか「役人の分際で」などと不快感が強いというが、選挙直前の今だからこそ言う価値があると言えよう。(2021・10・14 山崎義雄)

ババン時評 韓国文大統領の悪あがき

岸田内閣発足に当たり、海外から多くの声が寄せられたが、韓国文在虎大統領からは、書簡で「韓日関係を未来志向的に発展させるために共に努力していこう」と言ってきたという。文大統領は、今春の「3・1独立運動」記念式典でも「韓日は未来志向的な発展にさらに力を注がねばならない」と表明した。この手の発言はよくやるが、徴用工や慰安婦問題で、ついぞ「未来志向的な」動きはない。

徴用工では、今年になって韓国地裁による日本企業への資産売却判決が出された。反日的な世論を煽り、司法に影響を与えた文大統領の責任は重い。政権の末期になって文氏は、日本資産の現金化は「日韓関係に望ましくない」と言ってみたりしたが、一向に具体的な解決策を示さない。よくもまあここまで、できもしない空念仏を唱えられるものだ。

本当に解決する気があるなら、解決策は見えているではないか。いまさら「被害者中心主義」を唱えて被害者救済が必要だと主張するなら、1965年の日韓協定による「完全かつ最終的な解決」を順守し、補償を日本に求めるのではなく韓国政府が救済すべきだ。

さらに不可解なのは、先月、文大統領は国連総会で演説し、朝鮮戦争の「終結宣言」に取り組む意向を表明した。つまり1950年に勃発して53年に米国中心の国連軍と中国北朝鮮連合軍との間で結ばれた「休戦協定」に終止符を打ちたいというわけだ。

つまり、戦争当事者の韓国・北朝鮮・米国の3カ国か、あるいはそれに北朝鮮を実戦力で支えた中国を加えた4カ国の合意で「終結宣言」を行いたいというわけだが、文大統領の本心は毎度のとおり、その中心的な役割を担いたいというところにある。滑稽なのは、休戦協定への署名に韓国が加わっていなかったことで、当事者の資格が疑われることだ。

なにより、半世紀以上も微動だにしなかった南北朝鮮の停戦状況に、残り任期7か月の文大統領が決着をつけられるはずがない。第一、文氏は大統領就任以来取り組んできた北朝鮮との関係改善にもメドが立たない状態で、物事の後先も考えずに朝鮮戦争の「終結宣言」を言い出す神経が分からない。

文氏には北朝鮮を恐れる気配もないように見える。南北統一を図れば北の核兵器は共通の財産になるとでも考えているのではないか。北の相次ぐ新型ミサイル発射実験も気にせずに米朝の中を取り持つとか、ますます米中対立の激化する中で、両国の関係改善を仲介しようとする神経が分からない。政権末期における文大統領の動きは見苦しく、悪あがきにも見える。(2021・10・9 山崎義雄)

ババン時評 人生100年時代の性生活

前に「ババン時評 歳をとっても女は女?」(2019・6)を書いた。これは、高齢女性の「おもしろ話」を紹介したエッセイだが、あたまに置いた話が、60代の女性の「夫と性生活がなく切ない」と訴える、読売新聞の「人生相談」だ。娘も嫁ぎ孫もいて、夫とは円満。何の不満もないが「若い日の性生活を思い出してとても寂しくなる」という話だ。

回答者は、「ハートつきのスヌーピーが描かれた便箋につづられたご相談」に「少女らしい初々しさ」まで感じながら、たとえば一緒に歩くとき手をつなぐなどして、「少しずつあなたの気持ちを伝え、夫に気付いていただけたら良いかと思います」と、あまり効き目のなさそうな助言だった。

今回も、読売人生案内(9・20)の話で、「夫婦生活なし 夫が理解せず」と相談するのは70代の主婦。腰の骨を折って治ったが、医者からは「夜の生活はしないほうがよい」と言われる。自分は年も年だからそれでもかまわないと思うが、夫が理解してくれず、家の中が気まずい雰囲気になった―。という相談だ。

回答者は、もし夫との性行為を望むなら、主治医に骨に負担のかからないやり方を聞きなさい。もし望まないなら、夫と「いたわり合える他の方法」を話し合いなさい、と答えている。これもあまり相談者が納得するとは思えない。

セックスは、子作りや悦楽のためだけでなく、文学、芸術、演劇など、あらゆる表現・創造のエッセンスであり、起爆剤である。しかし高齢者にとって性の問題は、表現・創造や社会生活と縁の薄くなる中で取り残された閉鎖的、終末的な性の問題として残る。

未来学者のレイ・カーツワイルは、人間が死なないために、「非生物的人間」になれと提唱する(ポスト・ヒューマン誕生 NHK出版)。それには、人間の体に微細ロボットを注入して機械化するか、知能ロボットに人間の脳を移管するか、2つの方法があるとする。

これに哲学者の故山崎正和さんは、自著『哲学万想』(中央公論新社)で、「語るに落ちるが、カーツワイルは迂闊にも自分の非生物的分身を造るにあたって、消化器官は要らないが皮膚は残したいと漏らしている。食欲より性欲を重視している、と笑っている。

カーツワイルは、性の悦楽のために「皮膚感覚」を残したいというのだから正にお笑いだが、人生100歳時代はますます高齢者の性の悩みが増える。どのように性に向き合うかは個々人の問題だが、高齢期における愛情を忘れた皮膚感覚の追及は、人生の終盤を惨めにするだけだろう。(2021・10・4 山崎義雄)

ババン時評 傍若無人の白鳳が親方に

突然伝えられた横綱白鳳の引退は世間の耳目を驚かせた。日本相撲協会の審査委員会では、白鳳の年寄(間垣)襲名について、品性を欠いた荒っぽい取り口など、横綱としての目にあまる数々の問題行動が指摘された。そのあげく相撲道を順守する厳しい誓約書へのサインを条件に襲名を承認するという異例の決定となった。

しかし朝日新聞(10・1)は、記者会見での白鳳の気持ちを素直に伝える。「横綱になりたてのころは自分の理想の相撲、「後(ご)の先(せん)」を追い求めていました。最多優勝を更新してからはけがに泣き、自分の理想とする相撲ができなくなりました。横審の先生の言葉通りに直した時期もありましたし、それを守った場所もあったと思います。だけど、けががあり、理想とする相撲ができなくなったことは反省していますし、自分自身も残念に思っています」と―。

この白鳳の心情吐露?に符合するのが、落語家金原亭馬生氏の見方だ。読売新聞(10・1)で、2人の識者が見解を披歴する『白鳳「無敵」の功罪』で金原亭師匠は大要こう語っている。白鳳は極めてきれいな相撲を取った。しかし下り坂になった時、それをカバーする処世術を身につけた。立ち合いのしたたかさで、間合いをずらす巧みさは絶妙だった。

そして氏は、それでも白鳳は横綱だから勝たなければならない。喜怒哀楽を表に出して、世間がどう見るかさえも切り捨てて勝負に徹してきた。しかしそんな白鳳が親方になれば立派な指導者になると思うと言い、小兵の炎鳳を相撲界に誘い、大きい人に勝つ相撲を教え、小中学生の相撲大会を開いてきた功績を挙げる。

一方の識者、元横綱審議委員会委員長の守屋秀繁氏は、相撲協会とほぼ同じで白鳳に厳しい。特に、千秋楽の照ノ富士への左手で相手の顔を隠し、右肘のエルボーを見舞ったうえで、さらに大ぶりの張り手を乱発し、勝ってすごい形相をした。こうした乱暴な取組が白鳳の見納めとなったことが信じがたいという。そして白鳳の無敵の業績も「傍若無人の大記録」とする。その上で「今後、協会運営の一角に携わることになる親方・白鳳」に厳しい自覚を求めている。

白鳳が放った光と影は一概に論じきれないが、先の金原亭師匠は、相撲協会に1つの提言をしている。すなわち、土俵を割った相手への駄目押しやかち上げなど、相手を傷つける不快な技は禁じ手にする。ただし、立ち合いの変化や猫だましは体重無差別の相撲では必要な技だし面白い。白鳳引退の機を逃さず、今こそ相撲協会が規制改革に乗り出すチャンスではないかというのだ。一考に値する提言ではないか。(2021・10・2 山崎義雄)

ババン時評 抹殺された?歴史教科書

 文科省に覚えのめでたくないのが教科書出版の「新しい歴史教科書をつくる会」だ。同会は1997年の発足である。設立のきっかけは、前年の中学校歴史教科書に、「従軍慰安婦」強制連行説を前提にした記述が入ったことにあった。これに憤激した人たちが結集し、歴史の「自虐批判」を批判して、それに汚染されない教科書を作ろうと活動してできたのが「新しい歴史教科書」である。

 『新しい歴史教科書』の初版は、2000年度の検定に合格し、その後も連続5回の検定に合格したが6回目の2019年度検定で「不合格」となった。これは新たに制定した「一発不合格」の規定を適用した初の事例となった。指摘された「欠陥箇所」は過去に例を見ない405項目、欠陥とする主な理由は「生徒が誤解する恐れのある表現」である。

 その、文科省教科書調査官による「不正検定」を暴いたのが、藤岡信勝著「教科書抹殺」(飛鳥新社刊)で、「不正検定」とする100事例を挙げている。例えば、古代の仁徳天皇は世界一の古墳に「祀られている」は誤りで、「葬られている」とすべきだという。「天皇を敬う」ことを子供たちに教えてはいけないということかと著者側は推量する。

 また「西南戦争西郷隆盛が戦死して戦いは終わりました」との記述の「戦死」はダメだという。西郷には「自害」説もあるが、しかし調査官は「自害」にせよとも言わない。「征韓論」に反発する韓国への忖度で、西郷を英雄視するのはまずいということかと著者側はみる。

忖度では、「韓国・中国への忖度限りなし」として、「清朝滅亡後の中国大陸は、軍閥の割拠する無法地帯と化しました」との記述の「無法地帯」がダメだという。内戦7年間の犠牲者は、総計3千万人に及ぶとの推計もあり、「無法地帯」を不可とするなら理由を説明してもらいたいと著者側は言う。

最後の章で、教科書調査官らが「揚げ足取りと難クセ」で欠陥箇所を量産したあの手この手の10数例を挙げる。一例で、本居宣長古事記を蘇らせるまで、和漢混交文で書かれた「古事記」は誰も読めなくなっていたとする記述が誤りとされ、著者側の問合せに対する調査官の答えは、「神主の中には古事記を読めたものもいたらしいですよ」というものだったという。

ともあれ、「つくる会」教科書の主張がすべて正しいとは言えないにしても、積み上げられた「欠陥箇所」405か所は、合格した他社教科書で最も多いM社の144か所、次いでY社の52か所に比べて断トツである。大量の欠陥箇所指摘と、それを理由にした「一発不合格」の裁定は、文科省検定調査官の作為を十分に推定させるものがある。(2021・9・26 山崎義雄)