ババン時評 人生の意義など考えるな?

 

春彼岸の時節である。高齢者にとってはとりわけ大事な行事の墓参りも、二の足を踏まされるのが中国コロナの暴れぶりである。世界的蔓延が収まる気配のない中で元凶の中国は、国内の蔓延は抑え込んだとして、これからは「救済国」の役割を果たすと言う。世界の不安、感染者の恐怖、死者の無念を思えば、この中国の“政治発言”には正に開いた口が塞がらない。

たまたま手にした円覚寺派の小冊子「円覚」329号は「春ひがん号」である。冒頭に管長 横田南嶺師の玉稿「禅と念仏-一遍上人に学ぶ-」があり、他宗 浄土宗の一遍上人の句「となふれば仏もわれもなかりけり 南無阿弥陀仏 なむあみだ仏」を引いている。

この歌を、一遍上人は最初「となうれば仏もわれもなかりけり 南無阿弥陀仏の 声ばかりして」と作ったところ、師の法灯国師が「未徹在」、十分でないと評した。そこで作り直したという。これに対して横田南嶺師は、前の歌には「まだ念仏している自分と阿弥陀様との間に隔たりがある」感じだが、後の歌は「南無阿弥陀仏一枚になりきっているのです」と言っている。

この小冊子には、俳人長谷川櫂さんの講演録、「俳句的死に方」(4回シリーズの2回目)が掲載されている。その中で同氏は、「人生の意義を考えるというのは、僕はあまりしないし、やる必要がないと思っている。なぜならば、意義を考える前に自分は生きてしまっているわけです」と言っている。結局は生きるしかないということでもあろう。

そして「自分探しや、今までの人生は何だったんだと思って旅に出たり、お遍路さんに行ったりする人」がいることについても疑問を呈している。長谷川さんは、人生の意義を言葉でとらえる前に人間の生きる姿、死んでいく姿、直感する人の命、人の死を思うと言う。物事を直截的に捉える俳人らしい哲学だろう。そしてこの考え方は、横田南嶺師の言われる、阿弥陀様と念仏を唱える者が「一枚になりきっている」という瞬間に通じるものがあろう。

もちろん人間の歴史が繰り返してきた哲学的な「生死観」も大事だが、たとえば“コロナ死”という眼前の事実を前にして、人間の生きることと死ぬことの現実的・直接的な意味を直視することも大事だろう。ところがその純粋な生と死の大事な見極めを、国家主義や政治体制や社会環境の波乱要因が妨げている。(2020・3・24 山崎義雄)

ババン時評 古すぎる?国歌「君が代」

NHKテレビの「鶴瓶の家族に乾杯」で、どこかの町を歩きながら、2人の女子中学生と話していた。2人は卒業式で、「仰げば尊し」ではなく何とかいう旅立ちの歌を歌ったという。鶴瓶がしわがれ声で「仰げば尊し我が師の恩―」と歌って聞かせる。そして鶴瓶が、わが師の恩の「わが師」とは何かと聞く。中学生は「お菓子」と答える。「我が師」を「和菓子」と聞いたらしい。

仰げば尊し」は、明治17年に発表された唱歌で、今でも中高年には懐かしい愛唱歌である。もう一つの愛唱歌(と言っては失礼か)、中高年がしっかり覚えているのが「君が代」である。前者が師を仰げば、後者は君を仰ぐ。君が代の初出は「古今和歌集」だというから古い。

歴史を遡れば、わが国が律令制度を採り入れた時、朝廷は軍事権を武家に任せて手放した。頼山陽は『日本外史』でそれを嘆き、「未だかつて王家のみずからその権を失えるを嘆かずんばあらず」と言った。そして明治維新で幕府から朝廷への「大政奉還」が行なわれ、大元帥として国軍を統帥する明治天皇が誕生し、太平洋戦争に向かう危険な時代を迎えた。

しかし現実の天皇は、明治維新から今日に至るまで、軍事力はおろか政治力とも無縁であった。明治天皇がやむなく政治・軍事に関わったのは、2・26事件で軍部が立ち往生した時と、終戦時の御前会議で結論が出ずに聖断を仰がれた時の2回だけである。

天皇には、権威はあるが権力はない。その権威も物々しい権威ではなく、イメージ的に言えば「尊崇」ないしは、さらに柔らかな「崇敬」、そして「敬愛」「尊敬」にすら近い。この点が、権威と権力を駆使して興亡・生滅を繰り返してきた外国皇室と日本の皇室との大きな違いだ。

天皇家神道だが、神道には聖典がない。未だに教義でもめるキリスト教系の宗教とは大違いで、ひたすら民安かれ国安かれと祈るのが神道だ。「君が代」とは「天皇個人の世」ではなく「天皇を戴く日本」であり、その永遠の平和を「千代に八千代にさざれ石の」と願うのだ。

寄ってたかってあらゆる権威をダメにして仰ぐべきものを喪失した時代だが、それだからこそ次代を託す若者たちに「わが師の恩」や「君が代」の精神や伝統文化を率直に伝えていくべきではないだろうか。(2020・3・14 山崎義雄)

ババン時評 東北弁の持つ劣等感と誇り

 

東北出身の高齢者で若いころ東京に出てきた人には、生まれ故郷のズーズー弁に多少なりとも劣等感を持つ人が多い。しかし、美しい日本語の代表が仮に東京弁や京都弁で、その反対が河内弁や広島弁だとすると、東北弁の好感度は中クラスだろう。少なくとも嫌われてはいない。

方言には出身地による「地方的方言」だけではなく、階級における「社会的方言」があると言う。確かに同じ江戸でも武士と町人の「社会的方言」で話が噛み合わない笑い話が落語などにある。しかし一般に方言といえば「地方的方言」だろう。

浅田次郎の小説には「地方的方言」がふんだんに出てくる。映画やテレビドラマにもなった『壬生義士伝』では、貧困から南部藩を脱藩して新選組隊士となった主人公・吉村寛一郎が南部弁丸出しで話す。そして北辰一刀流免許皆伝の腕前を生かして人斬りも厭わず金を稼ぎ、妻子のために送金し続ける。しかし人柄は朴訥で常に腰が低く、時には卑屈にさえ見える。

その寛一郎の口をついて出る言葉に「おもさげながんす」がある。「申し訳ありません」という最上級の詫び言葉だ。寛一郎は、常に「おもさげながんす」と言いながら稼いで生きて、最後は鳥羽伏見の戦いに敗れて大阪の南部藩藩邸にたどり着き、義と意地を貫いて切腹して果てる。

「おもさげながんす」に似て、身を低くする南部弁に「おしょすい」がある。多分、「笑止」から「お笑止い」「おしょしい」と転じたものであろう。笑い者になる、恥ずかしい、という意味だ。「おでーらに」は「お平らに」、穏やかに、興奮しないでという意味だ。こうした自己卑下や穏やかさを求める言葉、自らの身を律する言葉は東北弁に多い。逆に、人をそしる言葉、馬鹿、アホ、間抜けなどは、純粋な東北弁がなく、標準語など他所からの借りものだ。

東北人の気質は、総じていえば、忍耐、根気、寛容、無口などの自制的な気質が強いのではないか。学習院大教授の赤坂憲雄氏は「東北学」で大変な著作を持つが、持論として、名古屋、京都、福岡などは「中世以来のケガレや差別の風土を濃密に持つが、東北には差別がない」と言っている。確かに東北はたとえば「部落」という言葉も普通の「集落」の意味で使う。東北人は、こうした穏やかな東北弁に、東北人らしく内に秘めた誇りを持っていいのではないか。(2002・3・10 山崎義雄)

ババン時評 新型コロナが呼ぶ中国不信

 

中国コロナで“生物兵器”を連想した。新型コロナは工夫次第で生物兵器にもなり得よう。生物兵器は、核兵器化学兵器と並んで3大大量破壊兵器と言われるが、中でも生物兵器は最も安上がりで効果の大きい兵器であるところから、テロなどに使われる恐れが強い。

生物兵器の嚆矢は、古代ギリシアアテナイ軍がヘレボルスという有害な植物をキルハの水源に投入し、敵側に激しい下痢を起こさせて疲弊させ、侵略に成功したことだというから、侵略者にとっては古から魅力的な征服手段であったことが分かる。

ジャレド・ダイアモンド『銃・病原菌・鉄』は、歴史を振り返って、ヨーロッパ人が他の大陸を征服できた直接の要因は、進化した民族が鉄や銃を手に入れ、これを使っただけではなく、家畜がもたらす病原菌を持ち込んで免疫のない他民族を殺していった歴史だと言っている。

逆に意図しないところで病原菌が寄与したと評価する?珍しい見方もある。15世紀のヨーロッパにペスト(黒死病)が流行り、欧州人口の3分の1が死亡した。時あたかもルネサンスを迎えた時期であり、ギリシャ、ローマの文芸・文化が“後進国”のイタリアに流入したが、ついでにペスト菌も持ち込まれた。

そのペストの流行が、簡単に人が死ぬという現実を目の当たりにした人々に、人生を神に頼って敬けんに生きるか、神から決別して刹那的に楽しく生きるかを問いかけ、当時の哲学者にも影響を与えて、思想史の発展の上でルネサンスに大きく寄与したというのである(出口治明『宗教と哲学全史』)。

残念ながら?病原菌の蔓延にそういうケガの功名的な余禄はまずあり得ない。中国では、1980年代に国際法違反の生物兵器開発が進められ、製造工場もあったという。研究施設か工場から漏れたウイルスによると見られる出血熱が流行ったことがあるというから、中国には病原菌との“親和性”がある。

特に今回の中国コロナでは、露骨な情報隠しをやり、真相を漏らした文化人を拘束し、中国コロナが主要議題になったG20会議に代表を出席させなかったりで、さんざ中国の正体を見せつけた。このような不可解な“近代国家”中国が、軍事力と経済力だけで世界制覇を目指しては、世界の疑惑や疑心暗鬼を招くだけではないか。(2020・3・8 山崎義雄)

ババン時評 高圧中国VS大甘日本

 

被害者が非難されるのは理不尽ではないか。わが国の中国コロナ対策が、初期対応が甘かった、小出しの対策だ、後手後手の対応だなどと非難を浴びている。迅速・適切な初期対応の前に初期情報がなかったのだ。情報隠しの中国こそ責められるべきではないか。

また、中国コロナの“拡大拠点”となったクルーズ船の入港を認めた日本は“大甘”かもしれないが、常識的で人道的な判断だった。イギリス企業の持ち船で、アメリカの旅行会社が運用する同船の入港を認めて、大変な苦労をさせられた日本が、対応がまずいと非難されるのは解しがたい。

日本政府は当初、乗船者の自国への即時帰国を提案したが、アメリカ政府などの要請も受けて入港させ、感染拡大防止に苦労した。それで当初は世界各国の評価と感謝を受けたのだが、船内感染が増えるにつれて手のひら返しの非難を浴びるようになった。

日本の苦労に対しては元凶の中国から詫びの一言もない。さらに、今や中国寄りの姿勢がはっきりしてきたWHO(世界保健機関)は、中国に対する“厳重注意”の声明さえも出すことをやめた上に、この3月初めには、これまでの韓国、イタリア、イランに加えて、日本における流行は最も大きな懸念材料であると名指しで指摘してきた。

中国コロナで危ない国の筆頭にさせられた韓国の文在寅大統領が、習近平主席に頑張りましょうとエールを送って痛く感謝されたという。それには日本も関係あるだろう。こちらからは習主席の来日を断らないと言っていた弱気でお人よしの日本が、やっと習主席の来日延期にこぎつけた。この対応こそ遅きに失した感を否めない。

来日して安倍首相らと握手し、天皇にも謁見し、日本は中国の味方だと国際社会にアピールしようという習主席の目論見が外れた。内外で孤立感を強めている習主席にとっては文大統領のゴマすりも感謝の対象になるのだろう。

ともあれ、ここにきてやっと習主席は中国コロナ蔓延について危機感を表明したり、反省ともとれる言い回しをしたりするようになった。とは言え、本心からの反省でないことだけは明らかだ。国内の関係機関に感染ルートを探れと指示したり、感染源が中国でないかもしれないと匂わせるような言動も見られるようだ。それで世界の信頼を繋ぎとめられるのか。中国よどこへ行く。(2020・3・6 山崎義雄)

ババン時評 人それぞれ「死に方の覚悟」

お元気ですか?1日に2キロの散策は続けるようにしていますが、ここのところ、すぐに疲れてしまいます。椅子に腰かける時も立ち上がる時も知らず知らずのうちに「ヨイショ」という掛け声を口にしてしまいます-。これは最近、友人からもらったメールである。

さらに友人は言う。食欲は落ちてくるし、ゼンソクと花粉症で眠りも浅くなるといった有様で情けないことです。このままスウーッと神に召されるのならば良いのですが、七転八倒の痛みに遭遇することだけは勘弁してほしいナと思う今日この頃ではあります-。

ところで、人間だれしも死にたくないと考えるのがあたりまえだと思うが、OECD調査によれば日本人の自殺率は先進7か国中のトップだ。死に方は難しい。私はよく悪い冗談で「いのち根性が汚い」と言う。みっともなく死を免れようとしたり、いたずらに生に拘泥して醜態をさらすような例を笑う時に使う。

明治維新のとき、官軍の侵攻であわや江戸の町が火の海になるところを身を棄てて防ごうとした幕臣山岡鉄舟がいる。彼に、「死んだとて損得もなし馬鹿野郎」の一句がある。ゲスな注釈なら「デージ(大事)なコタぁ生き死にじゃネー、ベラボウメ」といったところだろう。

後年、鉄舟の死の間際を見舞って「ずいぶんと往生なされよ」と言い放ったのが勝海舟だ。海舟は晩年にいたって回想し、「山岡鉄舟大久保一翁も熱性(ねつしょう)で切迫の方だったから、可哀そうに早く死んだよ。おれはただずるいから、こんなに長生きしとるのサ」と語った(氷川清話)。

海舟は1899年(明治32年)、77歳まで生きた。爵位を賜っていた海舟は、晩年にこうも語っている。「人間生きているほど面倒くさいものはない。それならといって、まさか首をくくって死ぬるわけにも行かず、伯爵の華族さまが縊死したと新聞に出されると恥だからノー」。

鉄舟・海舟両先生のような大悟も覚悟も栄誉もないし、逆に「命根性が汚い」生き方も嫌だから、結局は、あるがままに生きるしかなさそうだ。自殺を禁じるキリスト教徒の友人も、凡人の私も、生かされるところまで生きて行くしかないと諦めて(仏の教える諦観)生きるのが人生ではなかろうか。(2020・3・5 山崎義雄)

ババン時評 パラリンピックと人体改造

新型コロナウイルス」の猛威はおさまりを見せない中で、オリンピック・パラリンピックの開催時期が近づいてくる。過去においては、オリンピックとパラリンピックは別の競技大会として開催されてきたが、東京オリンピックパラリンピックではまさに同格だ。

 今やパラリンピックは“市民権”を得たともいわれる。過去においては、五体満足でない人間がスポーツで競い合うこと自体に少なからず偏見があった。しかし今は、身体の欠陥やハンディを乗り越え、義足や車椅子などを活用し駆使して堂々と競い合う姿を純粋なスポーツとして観戦するのが当たり前になった。

パラリンピックの競技種目は、同一レベルの能力を有する選手同士が競い合えるように、障害の種類、部位、程度によって細かくクラス分けされているという。たとえば陸上競技の場合は「視覚障害」「肢体不自由」「知的障害」などに大分類されるという。

 話は飛ぶが、5年ほど前によく売れた本にレイ・カーツワイル著「ポスト・ヒューマン誕生」がある。同書は、急激に発展する遺伝学、そして原子単位の操作と加工ができるナノ技術、それにロボット工学という3つの技術革新によって2040年ごろには人間そのものも改造されるだろうと予測した。当時私は、同書を引いて「私は誰でしょう」というエッセイを発表した。

人間改造が進んだ先に、人間喪失の恐れなしとはいえないだろう。人間は人それぞれの体力・頭脳などの個人的な制約と、国家・社会など環境的な制約という2つの制約条件、言い換えればその2つの限界の中で生きるものだと思う。さらに言えば、人間の持つ限界の最たるものが「死」であろう。しかし人間改造の先には不老不死の世界さえも見える。

個々の人間の心臓や肺や脳などの主要機能の欠損部分が人工的な“機能部品”に置きかえられていったら、どこまで個の人格と見なせるのか。また、パラリンピックに異を唱えるわけではないが、これから先、特定の身体部位を人工的に強化していくようになったら、スポーツマンとしてどこまで許容できるのか、簡単な問題ではないだろう。少なくも、カーツワイルの予言通り人間改造が進んだ先に、自我の喪失があり“私は誰でしょう”とならないことを祈りたい。(20202224 山崎義雄)